コンテンツヘッダー

【研究会報告】研究会『専門職業人の役割とその職業倫理教育』:第二回「公認会計士の職業倫理と倫理教育実践」(2013年7月26日)

掲載日:2013年07月08日投稿者:pro-ethics

2013年度、職業倫理教育プロジェクトでは、様々な専門職の職業倫理(法曹倫理、技術者倫理、マスコミ倫理、企業倫理・経営倫理など) に共通する倫理的課題についての現状を調査するため、『専門職業人の役割とその職業倫理教育』研究会を連続で開催しました。

その第二回として、2013年7月、中央大学の藤沼亜起教授をお招きし、「公認会計士の職業倫理と倫理教育実践」をテーマとする研究会を開催いたしました。

 

*研究会の概要(終了しました)

2013年度・研究会『専門職業人の役割とその職業倫理教育』 第二回

日時: 2013年7月26日(金)14時00分~16時10分(講演&ディスカッション)

場所: 一橋大学・国立キャンパス 第三研究館3階 共用会議室

テーマ: 「公認会計士の職業倫理と倫理教育実践」

講師: 藤沼 亜起(ふじぬま つぐおき)氏

中央大学大学院 戦略経営研究科 教授

1969年堀江・森田共同監査事務所、1970年アーサーヤング公認会計士共同事務所に入所。その後、太田昭和監査法人(現、新日本有限責任監査法人)に代表社員として加入、2007年同法人を退職。2000年に国際会計士連盟(IFAC)会長、2004年に日本公認会計士協会会長を経て、現在、国際会計基準委員会財団(IASCF)評議会副議長、金融庁企業会計審議会臨時委員などを務める。この他、野村ホールディングス株式会社取締役、住友商事株式会社監査役、武田薬品工業株式会社監査役など。

カテゴリ:トピックス