コンテンツヘッダー

【研究会報告】研究会『専門職業人の役割とその職業倫理教育』:第三回「企業社会責任と経営者に求められる倫理と実践」(2013年8月9日)

掲載日:2013年08月06日投稿者:pro-ethics

2013年度、職業倫理教育プロジェクトでは、様々な専門職の職業倫理(法曹倫理、技術者倫理、マスコミ倫理、企業倫理・経営倫理など) に共通する倫理的課題についての現状を調査するため、『専門職業人の役割とその職業倫理教育』研究会を連続で開催しました。

その第三回として、2013年8月に、 麗澤大学の高巖教授をお招きし、「企業社会責任と経営者に求められる倫理と実践」をテーマとする研究会を開催いたしました。

 

*研究会の概要(終了しました)

2013年度・研究会『専門職業人の役割とその職業倫理教育』 第三回

日時: 2013年8月9日(金)14時00分~16時10分(講演&ディスカッション)

場所: 一橋大学・国立キャンパス 第三研究館3階 共用会議室

テーマ: 企業社会責任と経営者に求められる倫理と実践

 

講師:  高 巖(たか いわお)氏

麗澤大学大学院 経済研究科 教授

早稲田大学大学院商学研究科博士課程。商学博士。米ペンシルべニア大学ウォートン校フィッシャー・スミス客員研究員、麗澤大学国際経済学部助教授などを経て現職。併せて2007 年より京都大学経営管理大学院客員教授。この他、ISO/SR 高等戦略諮問会議委員などを歴任。現在、運輸審議会および産業構造審議会専門委員。2008 年、全米企業倫理コンプライアンス協会より「国際企業倫理コンプライアンス賞」を受賞。主な著書に、『ビジネス・エシックス(第2 版)』(共著、文眞堂)、『「誠実さ」を貫く経営』(日本経済新聞社)など。

カテゴリ:トピックス