コンテンツヘッダー

専門職倫理教育に関する国際シンポジウム『効果的な倫理教育の方法とは何か』(2014年12月13日開催)

掲載日:2014年10月31日投稿者:pro-ethics

 

専門職倫理教育に関する国際シンポジウム

『効果的な倫理教育の方法とは何か』

“What is an effective way in educating Professional Ethics? ”

 

製薬会社と医師の癒着に起因する臨床データの改ざん、日本を代表する大学や研究機関の研究者等による論文の捏造、検察官の証拠隠滅工作…。専門職業人としての倫理が欠如した様々な事件が大学に問いかけているのは、より根源的な人間としての倫理観を身に着ける教育の必要性ではないでしょうか。組織体の中で、専門職業人として、人間としての倫理に適った自律的判断を提示しうる人材を育成することが、現在の大学に求められているのではないでしょうか。

今回のシンポジウムでは、米国において専門職横断的な職業倫理教育を実践してきた研究者を招き、職業倫理と人間としての倫理の一致をめざす職業倫理教育の在り方とその効果的な教育手法について検討します。

 

日時: 2014年12月13日(土)11:00~16:20(開場 10:30)

会場: 如水会館 富士の間(東京都千代田区一ッ橋2-1-1)  ※会場の地図

アクセス:

  • 地下鉄東西線 竹橋駅下車 1b出口 徒歩4分
  • 地下鉄半蔵門線 神保町下車 A9出口 徒歩3分
  • 都営地下鉄三田線・新宿線 神保町下車 A9出口 徒歩3分

 

参加費: 無料(定員70人)

申込み・問合せ: 下記の申込み先へ、事前の申し込みをお願いいたします(当日参加も可)

申込先: law-hp.g[at]dm.hit-u.ac.jp (一橋大学職業倫理教育プロジェクト/窓口担当:天野)

※[at]を@に変えて、メールしてください。

主催: 国立大学法人一橋大学 法曹を中心とする専門職業人の職業倫理教育の開発プロジェクト

 

プログラム:

【挨拶】 青木人志(一橋大学大学院法学研究科長)

 

【第一部】

11:15~11:35

総括報告「多様な教員によるチームティーチングと学生間討議を導入した多方向型授業」

村岡啓一(一橋大学法学研究科特任教授/一橋大学職業倫理教育プロジェクト 責任者)

 

11:35~11:55

研究報告「倫理教育のあるべき姿と手法の新展開~経営倫理と法曹倫理の接点と教育手法」

桑山三恵子(一橋大学法学研究科特任教授/一橋大学職業倫理教育プロジェクト)

 

11:55~12:15

研究報告「米国における法曹倫理教育~日本は何を学べるか~」

松山勢津子(ジャーナリスト/一橋大学職業倫理教育プロジェクト 研究調査員)

 

【休憩】 12:30~13:30

 

【第二部】

13:30~15:00

講演「米国における職業倫理教育の手法とは

Approaches to Teaching Professional Ethics: a U.S. Perspective」

Elaine Englehardt(ユタ・ヴァレー大学 哲学教授)

Michael Pritchard(ウェスタン・ミシガン大学 哲学教授)

*日英同時通訳がつきます。

 

【第三部】

15:10~16:10

全体討議

司会: 村岡啓一(一橋大学法学研究科特任教授/一橋大学職業倫理教育プロジェクト 責任者)

 

【レセプション】

17:00~ 会場: 如水会館 けやきの間

カテゴリ:イベント